祇園祭 2016 日程祇園祭 2016 屋台祇園祭 成田祇園祭 宵山祇園祭 山鉾祇園祭 2016祇園祭 屋台祇園祭 交通規制祇園祭 千葉祇園祭 鉾建て
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祇園祭 2016 日程 宵山

祇園祭 2016 日程 宵山 前祭宵山の日程 前祭の宵山は、 7月14日(木):宵々々山 7月15日(金):宵々山 7月16日(土):宵山 という日程で行われます。

祇園祭 ユダヤ

京都・祇園祭は17日、見せ場となる前祭の「山鉾巡行」を迎え、きらびやかに彩られた山鉾の祭列が都大路を優雅に進んだ。 午前9時ごろ、祇園囃子が始まり、先頭の長刀鉾が「エンヤラヤー」の掛け声を合図に出発。稚児の平井誠人君(9)が、四条通に張られたしめ縄を一太刀で切り落とした。この日参加した山鉾は23基。 17日午後には、幕末の大火でほぼ焼失し、150年ぶりに復活する大船鉾が、後祭に向け鉾建てを始める。後祭は21~23日が宵山期間となり、24日に10基の山鉾が巡行する。(「共同通信」より転載) これと同じく、この“7月17日”を重要視しているお祭りが遠く離れた日本にも複数あり、その中でも日本の三大祭りの1つである京都の「祇園(ぎおん)祭」では、お祭りのハイライトである山鉾巡行がピークを迎えるのが、本日“7月17日”であります。 今となっては、もはや否定のしようのない「日ユ同祖論」の考え方からすると、この「ギオン祭」は「シオン祭」の訛ったもので古代ユダヤから伝わって来たものであり、祭りの掛け声である「エンヤラヤー」は、古代ヘブライ語の「エアニ・アハレ・ヤー(我はヤーベを賛美する)」であり、祇園祭を最大に特徴付けている数多くの「山車(だし)」は、まさに「ノアの方舟」を象徴しているものだと言われています。 そして、この京都(平安京エルサレム)と同じく古代ユダヤと縁が深い場所が、四国徳島県修験道の聖地にして霊山である「剣山(つるぎさん)」です。 ここ剣山には、旧約聖書に記されている十戒が刻まれた石板を収めた「契約の箱=失われた聖櫃(アーク)」が隠されているという根強い伝説があり、古代イスラエルの失われた10支族の行方を調査している前イスラエル大使のコーヘン氏をはじめ、イスラエル当局もその信憑性を認めています。 この剣山では毎年「神輿祭」が行なわれますが、その日も、やはり「祇園祭」と同じ“7月17日”であります。このお祭りは、契約の箱を剣山に担ぎ上げた当時の再現であると言われています。 遥か遠い昔、ノアの息子であるセムの末裔である古代ユダヤ人が祖国滅亡の危機に際に目指した東の聖地シオンである日本。なぜ、わざわざ彼らは遠く離れた東の果ての小さな島国を目指したのでしょうか・・・。 かつて存在していた古代文明ムーでは、宇宙存在達と共同で猿人に対する遺伝子操作における人類創成の実験は頻繁に行われていたようですが、その現代人類のプロトタイプを生み出す実験場の中心となったのが日本列島であったようです。 最初の人類であるアダムとイブ、そして彼らが住んでいた「エデンの園高天原)」は一体どこであったのでしょうか。 古代ユダヤの影響が色濃く残る日本文化ですが、正確には古代ユダヤ人が「日本にやって来た」というより、彼らは「日本に帰って来た」という表現が正しいのかもしれませんね。 古代ユダヤ人が地球管理を任せれて2000年、その契約が終わる今年2014年であり、来年から次の地球管理担当に指名された日本人が中心となって、これから2000年かけての地球作りを始めないといけません。 夏至も過ぎ、いよいよ新しい契約の準備がこれから本格的に始まろうとしており、そのための重要な地であるのが今年の剣山となります。